メルマガに著作権はあるのか?

 

こんにちは、シュウです。

タイトル通り「メルマガに著作権はあるのか?」というのが

今日の話題です。

あると思いますか?ないと思いますか?

 

メルマガに著作権に関する記述がない!

メルマガは購読者のみに配信されるものなので、インターネットの世界の話とはいえ、すこしクローズドなものですよね。

 

そのせいか、あまりメルマガに「無断転載を禁ず」のような記述をしている人はいません。

 

著作権云々になるともっといません。

 

となると、「引用」ではなく、無断転載をしても特に問題はないんでしょうか?

 

無料レポートを作る際には、著作権に関する記述を冒頭に記載しているので、はっきりダメだと言い切れますけど、その記述がないメルマガはいわば無法地帯になってるのか?

 

と、少し疑問に思いましたが、「教えてgoo」に的を得た質問がありました。

 

メルマガの無断転載

 

メルマガを発行した時点で、著作権も発生する

この質問の回答では

「無断転載を禁ずと書いてあろうとなかろうと、著作権者の許可を得ずに転載し、しかも著作権者が別人であるように偽るのは、はっきりと著作権法違反です。」

 

と、書いてあります。

 

いろいろなサイトを調べましたが、おおむね同様の内容でした。

 

つまり、メルマガに「無断転載を禁ず」とか「著作権について」などの注意書きがなくとも、作成者が作成、配信した時点で著作権も発生しています。

 

ですから、

 

「メルマガだからネット上には流れてないし、勝手に使ってもわからないだろう」

 

という、安易でバカな真似は止めましょう。

 

わからないから良い、わかったらダメというお話ではありません。

 

常識的に「してはいけない」ことがわからないのは、人間的にいかがなものか?と思います。

 

なぜ、今日はこんなお堅い話をしたかと言えば、ある人のブログに私のメルマガの記事の内容が、ほぼそのまま掲載されていたからです。

 

「誰のブログ?」

「どんな内容?」

 

と、気になる方もおられるでしょうから、明後日に公開する予定です。

 

予定というのは、もしもそれまでに当事者から謝罪の連絡があれば考慮しないこともないからです。

 

よくある「引用」の場合は引用元を明記する必要がありますし、「リライト」の場合は、同じような意味の文章に仕上げても、言葉の言い回しはリライトした人の言葉でなければいけません。

 

これは「パクリ」なのか?「リライト」なのか?

 

私のメルマガと、盗作主のブログ記事とを読み比べて頂ければわかると思います。

 

ブログ記事のキャプチャーも取りましたので、盗作主は削除のしようもありませんから。

 

こんなことをしたら、過去のその他の記事も「どこからかまんまパクってるんだろうな」って思われるだけで得することなんて一つもないんですけどね。

 

心当たりのある人は、記事の公開をされて困るのであれば、お問い合わせからご連絡下さい。

 

<<追記>>

12/26に、盗用主より謝罪のメールがありましたので、明後日の公開は中止いたします。

もう公開用の記事まで完成していましたが、誰かが盗用主に指摘されたようで、当記事のアップより前に連絡がきました。

明後日の記事は、罵声のオンパレードだったのである意味公開せずに良かったかもしれません。

 




人気ブログランキング

↑記事を読まれたら、シュウのブログの順位を確認するために
こちらのバナーをクリックして下さい
このブログの順位が、なんと・・・(゚∀゚ノ)ノキャー


自由な人生を手に入れる教科書
お金の心配をせず「こんな生き方をしてみたい!」と思わせる内容で、どんどん読み進められます。
しかも、アフィリエイトに役立つ12,800円相当の商材の無料プレゼントもあります。

当ブログ管理人シュウが一番オススメするアフィリエイターとはこんな人です。


アフィリエイト豪華プレゼント
当ブログ管理人シュウからあなたへ
アフィリエイトに役立つノウハウなどを どどーんと無料プレゼント!
今すぐクリックしてゲットしてください。

Comment

  1. トモ より:

    シュウさん、こんにちは。

    先日コメントを頂いた時に書かれていたことは
    この事だったんですね。

    パクリはいけないことですが、
    それだけ読んで参考にされている方が
    いるって事なんですね。

    私も購読させていただいてますが、
    スラスラ読めるし、
    そうか!と思わせられるし
    魅力的なメルマガですからね^^

    これからもブログ、メルマガ楽しみにしています。

    応援完了です。

    • Shu より:

      >トモさん、コメントありがとうございます。

      参考、引用くらいならぜんぜん大丈夫なんですが
      私の言い回しまで、そのまんまコピペされちゃってたので
      さすがにカチンときました^^;

      トモさんはいつも、メルマガ配信した時に
      いろんなリンクをクリックしてくださるので嬉しいです。
      できれば、クリックした後登録までしてもらったら、
      もっと嬉しいです(笑)

      応援ポチありがとうございます。

  2. ヒロ より:

    シュウさん、こんばんは!
    いつもお世話になっております。
    ヒロです。

    リライトならともかくコピペは酷いですね。

    シュウさんの記事、メルマガには
    いつも勉強させて頂いていますし
    参考になることが満載ですしね。

    それだけシュウさんの記事が
    魅力的だったという事ですね。

    応援完了です!

    • Shu より:

      >ヒロさん、コメントありがとうございます。

      コピペ、パクリがダメって認識がない人がいたのが驚きでした。
      ヒロさんのおっしゃるように、真似されるくらいの記事がかけたと
      自分で納得しています^^;

      応援ポチありがとうございます。

  3. ひーちゃん より:

    シュウさん、こんばんわ。お久しぶりです。

    シュウさんのメルマガを盗用するなんて、もってのほかですが、それだけ完成度の高いメルマガなんですよね。

    今回は、盗用者が謝罪と言う形で、終わったようですが、あってはいけないことですよね。

    これからも宜しくお願いいたします。

    応援完了です。

    • Shu より:

      >ひーちゃんさん、コメントありがとうございます。

      久しぶりですね~、心配してたんですよ。
      コメント頂いて嬉しいです。

      まぁ、謝罪するくらいなので悪い方ではないと思いますけど
      それでもダメなものはダメなので反省してもらったら
      今回はそれで手打ちですね。

      応援ポチありがとうございます。

  4. シュウさん、おはようございます。

    やはりシュウさんのメルマガは沢山の方に愛されていますね(^-^)
    でも、いくら気に入った、あるいは記事に困ったといっても
    コピペはいけません!ね。

    まあ今回は自主的(?)に謝罪があって良かったです。

    ただ、メルマガも著作権があったんですね?!
    私も気を付けます!・・・っていやリライトの力増強です。

    今後ともよろしくお願いいたします。
    ポチっ!

    • Shu より:

      >オフィスFUJIさん、コメントありがとうございます。

      どうせなら私のブログかメルマガ登録ページのリンクを貼って
      引用してもらったら、私にもメリットあるから良かったんですけどね。

      コピペされちゃうと、Googleのアルゴリズムに引っかかって
      良いことなさそうですからね。

      同じ内容を記事にしたいならリライトしてほしいものです。

      応援ポチありがとうございます。

  5. Toshikinuyo より:

    シュウ様 おはようございます。

    ブログでのコメント有難うございました。

    シュウ様のメルマガも記事も魅力的ですから
    そういう輩も出てくるのでしょう。

    私たちの師匠ではないですけど
    弁護士を雇った方が良いかもね。

    冗談に聞こえなかったらごめんなさい。

    私もメルマガ配信準備で忙しく
    ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。

    今後とも宜しくお願いします。

    応援ポチ今からします。

    Toshikinuyo

    • Shu より:

      >Toshikinuyoさん、コメントありがとうございます。

      以前ネットサーフィンしているときに、あるアフィリエイトブログで
      師匠の塾のカリキュラムをまんまコピペして記事にしているのを見つけました。
      その、ブログのコメント欄にはしっかりと師匠が抗議のコメントを入れていました。

      師匠は徹底していますからね、教え子たるものコピペをしてはいけませんね。

      応援ポチありがとうございます。

  6. G より:

    シュウさん
    こんにちは。
    いつもお世話になっております。

    気が付けば自分も‥
    みたいなところがあるので、
    この記事はドキドキしました。

    シュウさんの記事のように
    インパクトのある文章は
    一度読んだらそのまんま頭に残ります。

    何とかリライトしようとしても
    肝心なところはコピペ状態で
    出てくることがあります。

    そんな時はムリしないでそのネタで
    記事書くのを諦めるしかないですよね。

    以前、FM塾のカリキュラムの一部を
    コピペした記事を見たことがあります。

    ダメと分かっていても、
    やっちゃうのかも知れませんね。

    次の記事、公開中止になってよかったです。

    勉強になりました
    ありがとうございました。

    応援ポチ完了です。

    • Shu より:

      >Gさん、コメントありがとうございます。

      どうもリライト出来そうにない時はコピペして「引用」ということで
      参照先のリンクを貼ればある程度は許容できますね。

      引用文だけの記事はダメですけど、ご自身の文章の中で一部引用するのはOKじゃないですか。

      今回は、私の記事をほぼコピペで、その人の記事としてアップされてたので
      ちょっと許せませんでした。

      応援ポチありがとうございます。

  7. 箱山 より:

    シュウさんこんにちは。

    コピペ怖いですね。
    メルマガのコピペは見つかるのが難しそうです。

    著作権に関して認識がない人は結構いますよね。
    動画でもTVの録画を投稿していたり・・・・・・。
    (私の動画も無断転記で広告付きをされましたT_T)

    パクリダメ絶対!

    応援ポチ完了です。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    • Shu より:

      >箱山さん、コメントありがとうございます。

      確かにメルマガからパクっても、なかなかわからないでしょうね。
      今回は偶然私が購読していたメルマガにコピペ記事が載っていて
      その人のブログを見たら同じ記事をあっぷされてたのでわかりました。

      箱山さんも、徹底抗議しましょう(^o^)丿

      応援ポチありがとうございます。

  8. ハルナ より:

    シュウさん

    こんばんは、ハルナです^^

    これからメルマガをはじめようと思っていたので、
    まさに今の自分に当てはまる記事でした!

    それにしてもパクりをする方もいるんですね。。
    皆さんも言われてますが、
    真似をしたくなるくらい、
    シュウさんの大ファンだったんですね^^

    だからといって、そのまま使うのは絶対よくない!
    書きたいなら許可を得て、
    リンクさせていただくとか方法があったのに。
    ちょっと悲しいですね。。

    今回は自ら謝罪されたので良かったですが、
    うちも気を付けていこうと思います!

    応援してかえります☆
    また、お邪魔させていただきます^^
    これからも宜しくお願いします!

    ハルナ

    • Shu より:

      >ハルナさん、初めまして
      コメントありがとうございます。

      メルマガ購読してくださって嬉しいです。

      ハルナさんは、いつかブログランキングで私が登録しているカテゴリーに
      いきなり1位で登場してビックリした記憶があります。
      その後カテゴリー変更をされたようですね。

      ハルナさんの関西弁、いい感じですよ。
      パクリはだめでもリライトは全然OKですからね。

      また、遊びに来て下さい
      応援ポチありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アフィリエイトノウハウ無料プレゼント

アフィリエイトノウハウ無料プレゼント

月別アーカイブ

  • 2017 (3)
  • 2016 (90)
  • 2015 (125)

ブログランキングに参加中

宜しければぜひとも クリックお願いします。





応援クリックお願いします


ランキング1位獲得しました!

プロフィール

シュウです

サイト運営者の「シュウ」です。

バブルの時代に青春まっただ中を過ごしたのに、その恩恵は全く受けていないという不遇の時を過ごしたアラフィフです。
ネットでお金を稼ぐということがどういうことなのかを、わかりやすくお伝えしていくのを使命に頑張っております。

詳しいプロフィールはこちら